知っておくと便利な情報 裏技系、驚愕プライス、モバイル、IT等。
目指すのは超裏技系 賢い消費者・・・☆
 全品半額や9割引き、10万円以上得するネタも満載!
 後日、追記や訂正で情報10倍増も。

詐欺

【驚愕】 安全なはずの郵便局で。。。

先日の 郵便局組織の深刻な危険性での続編です。

本日、2006年03月17日に
新宿と千葉で1億円以上の横領2件発表がありました。
犯罪の傾向と手口を知ることは、
自己の犯罪被害の予防に有効ですので、記載しました。 

最近の新聞記事を検索しても全国で多発中。



続きを読む

【要注意】郵便局は国が運営しているから安全?  な訳はありません。

郵便局組織の深刻な危険性
 

昨日の内容に反響がありましたので、
私の親族の事件で明らかになった
更に詳細な手口や注意点をお知らせします。

末尾に簡保の過半数は違法契約という告発がありますが、
個人的には最低限10家族に1件くらいは、
被害者になっているのではないかと思います。


郵便局員の犯罪 【一部抜粋】

郵便物の遅配、誤配、紛失といった比較的「軽微」なトラブルだけでなく、
「特定郵便局長7900万円着服」「郵便局員300万円詐取で指名手配」など
郵便料金や貯金預入金、簡易保険料の横領や詐取など犯罪も含む
不祥事報道が目立って増えた。
「郵政省、事業庁時代の01年度までの4年間に、
日本郵政公社東京、関東両支社が旅行会社に支払った代金の一部、
約2500万円(公社発表)をバックさせ“裏金”利用した事実が発覚、
百数十人が処分」「03年度で30億円の過剰金(計算ミスや料金取り過ぎなど)」
といった驚くべきニュースも新聞の一面を飾った。


 公社広報部報道担当グループリーダーの佐藤恭市氏は、うなだれる。
公社によると、03年度に横領などの罪(刑法、郵便法)を犯した郵便局職員数は
133人(常勤99人、非常勤34人)。
また、03年1―12月の懲戒処分人数は2272人。
郵便物や郵便料金、郵便貯金払戻金・預入金、簡易保険料の「横領、窃取」などの
犯罪関係が130人のほか、
「架空名義や無同意での簡易保険契約を締結」「郵便物の隠匿、不配達、紛失」
「郵便料金の不適正割引」「経費の不正受給」「セクハラ」「酒気帯び出勤」まで、
 ずらっと“罪状”が並ぶ。




郵政民営化の過程で、明らかになった事は
上記のような不正だけでなく、猪瀬 直樹氏により暴かれた
簡保の宿のずさんな経営です。


しかし、実際にはもっと根深い物でした。。。

しかも、郵政公社の分割や世論から反発を防ぐために、
最近は、再び不祥事を隠蔽化しつつあります。

続きを読む
最新 BS/CS情報
☆JAL1000円で11.25マイル☆



コナミスポーツの月会費制料金を月々2,100円ご優待
自宅近くで10分 100円!
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスランキング
Profile
RSS feed meter for http://blog.livedoor.jp/hello_goodbye555/ track feed ちょっぴり便利かも!!
  • ライブドアブログ