★★WiMAX 2+は⇒ WiMAX 2+ HWD14のメリット&各社料金 比較



エリアが充実し、モバイルルーターが大人気の
WiMAXとイーモバイルを比較
 【10月更新版】

★★★新製品3機種の性能は、速度や安定性で、
     URoad-Aero > WM3800R >Mobile Slim
    ただし、新幹線などに乗らない限り、総合的な利便性はWM3800Rが一番オススメ。

★★エリア重視の方へ朗報♪
5月発売! WiMAX+auエリア対応 Wi-Fi WALKER WiMAX HWD13

 機能は前モデルと全く同じだが、電池持ちが改善。

★★★今月のオススメは

 BIGLOBEです。
 キャッシュバックが3ヶ月後で、それを契約解除料にあてれば1年以内でも実質違約金2975円
 ★【GMOとくとくBB】WiMAXいちねん契約+最大20,000円キャッシュバック!
13ヶ月目での解約違約金は無しで、キャッシュバック1万円 
 ★@nifty WiMAX1年縛り(13ヶ月目解約無料)ですが
 WiMAXのキャンペーンは、過去に1度でも受けたら適用不可。
 他社はキャッシュバックが多いときがおススメ!
 ★So-net
  2万円キャッシュバック+1万ポイント、2年契約。
  ポイントは、光とADSLのインターネット接続料金に充当可能だが、WiMAXは不可
  So-net会員そのものを退会すると、WiMAXのオプションの解約とは別に15,000円の解除料が発生。
  違約金回避の裏技として、
  現時点では、『So-net会員』は退会せず、『WiMAXのオプションのみ解約』すれば発生しないが
  改悪の可能大。


☆☆☆タブレット・セットモデル
★★★Tikiモバイル WiMAX Nexus 7(32GB)プレゼントキャンペーン 4コア(24,800円相当)
 ※メーカーページ 相場&関連商品
@nifty WiMAX
 LenovoのIdeaTab A2107A(シングルコア16GB)(15,000円相当)がWM3800Rとセットでも1円に!

★イーモバイルLTEなら楽天スーパーWiFi
 5,000ポイント+2年間楽天3%



エリアの比較
◆スピード比較
◆各社の4Gモバイルデーターサービス比較
◆モバイルルーター最新機種の性能比較
◆イーモバイル LTE &G4 各プロバイダーのキャンペーン価格を比較(1年契約有)
◆WiMAX 2年各プロバイダーのキャンペーン価格を比較
◆WiMAX 1年各プロバイダーのキャンペーン価格を比較
◆WiMAX 最短契約期間での比較
◆WiMAX 2回線契約の比較
◆結論
 ★注意点
 ☆WiMAXの機器の選び方、オススメ

 ★★イーモバイルの注意点、ソフトバンクとの経営統合の影響







wimax2_img_03

◆エリアの比較
 ・WiMAXのエリア
   周波数 2.5GHz帯 全エリア 40Mbps 基地局数はイーモバイルのG4(3G)の2倍
   全国人口カバー率 1億人/1.3億人(77%??)全国政令指定都市:95%(*4)
   イーモバイルの連続帯ではなく、飛び地的に島や山間をもカバー
   他社のように交換機を使わず、データ通信専用(10MHz×3ch)のため、他社より切れにくい。
   来年10月以降に最大165MのWiMAX2.1が開始される予定(現在のWiMAXと上位互換)。 
 ・イーモバイルLTE&G4のエリア
   FDD−LTE 1.7GHz帯 は、下り最大37.5M(75Mは関東で11ヶ所、東京ではお台場の1個所のみ)。
   虚偽・誇大広告で消費者庁から指導。 最近ユーザー急増で都市部のLTEが不安定
   その他のエリアはG4という名称の3GのW-CDMA(14.4Mbps、21Mbps、42Mbps)。
   全国人口カバー率93%
  ※15Mhzの帯域のうち10MHzを最大41MbpsのG4(3GのDC-HSDPA)
   今後、10MHz利用中のG4の帯域を削って、LTEの75Mbps(10MHz)エリアを広げる。
   そのため、LTEの99%のエリアは最大37.5Mbpsと既存のG4より遅いが今後はG4を半減か?
  ドコモやauの1/3以下の収容回線の安い基地局のため、パンクしやすい。
 ・ソフトバンク4G
  AXGP(TD-LTE) 2.5GHz帯 下り最大76M 上り最大10M 。
  LTEの基地局数は、WiMAXの半分以下。 ドコモやauの1/3以下の収容回線の安い基地局のためパンクしやすい。
  その他のエリアは、ULTRA SPEED(W-CDMA 1.5GHz帯42Mbps)が使えるが狭い。
  BS障害のため大部分で通信障害発生中。 BS機器の電波漏洩のため、解決には数年を要す。
  ※携帯エリアの3Gエリアと007Zのサブエリアも使えない
  エリアマップは、バラ色の未来計画を表示。(ドコモが多額の投資で苦労しているのに、素晴らしい構築力(-_-;) )
 ・SoftBank 4G LTE(FDD-LTE) 2100(I) MHzの5MHz幅 2012年10月開始
  既存のWCDMAの周波数の一部を使うため、首都圏ではますます携帯のつながりが悪くなるかも。
  周波数が5MHz幅のため、最高速度75Mではなく、最大37.5Mbps。
  イー・モバイルと同様に収容回線が少ない安い基地局のため、パンクしやすい。
  ソフトバンク4G(2.5G)、UltraSpeed(1.5G)、プラチナバンド(900M)と四重投資になるので、たぶんいい加減かと。

◆スピード比較
全国主要都市での実効速度比較一覧  2012年04月
UQ WiMAX、Xi、ULTRA SPEED、速いのはどれ?――主要都市で速度比較 2011年08月
WiMAX 鉄道スピードテスト 投稿サイト

◆各社の4Gモバイルデーターサービス比較
プラン速度プロトコル
制限
直近24時間
毎の制限
直近3日
間の制限
月毎の
制限
有線
対応
海外公衆無線
LAN無料
UQ WiMAX1日、1年、2年40M7機種△※
WiMAX
 提携プロバイダー
1年、2年40M7機種△※△※
イーモバイルLTE
フラット2年
2年75M366MB10GB※××
イーモバイルLTE
 提携プロバイダー
2年75M有り366MB10GB※1機種×△※
ソフトバンク 4G2年110M有り5GB×
ソフトバンク
 ULTRA SPEED
2年42M有り3.6GB
au(WiMAX未使用時)2年3.1M366MB5GB1機種
ドコモ FOMA2年14M366MB
ドコモ Xi2年150M1GB7GB

 ・速度は、規格対応はエリアによって違う
  ソフトバンクの通信制限、月間3,000万パケット(約3.6GB)あっという間です→翌々月に制限 128k?
  イーモバイルが直近24時間300万(366MB)パケット→当日21時から翌2時に制限 720k?
  イーモバイルLTEは、2014年5月以降は月間10GBで当月中の通信速度制限を実施
  ドコモ 直近3日間の通信量が300万パケットを超えると、その日から規制。auは翌日規制
    参考記事 携帯各社の速度規制まとめ GIGAZINE
 ・ソフトバンクだけは、携帯の3Gエリアのみの地区では使えない。
 ・有線LAN対応は一部別売りのクレードル使用
 ・△公衆無線LAN無料は提携プロバイダーによって違う。WiMAX海外は内蔵PCのみ


◆モバイルルーター最新機種の性能比較
メーカー下り実測上りバッテリ同時
接続
高速道
鉄道
USB
モデム
有線
LAN
公衆
無線
Wimax WM3800RNEC40M3〜26M15.4M8時間10台
Wimax WM3600RNEC40M3〜26M15.4M10時間12台
Wimax  URoad-Aeroシンセイ40M3〜26M15.4M12時間11台
Wimax URoad-SS10シンセイ40M3〜26M15.4M9時間10台×××
WiMAX Mobile Slimネットワーク
コンサルティング
40M不明不明12時間8台××
WiMAX Wi-Fi WALKER
HWD13
Huawei40/3.1M3〜26M15.4M6.5時間
6.8時間
5台××
WiMAX Wi-Fi WALKER
DATA08W
Huawei40/3.1M3〜26M15.4M4.5時間
3時間
5台×
イーモバイルLTE GL04PHuawei150/14.4M1.2〜25M25M9時間10台××
イーモバイルLTE GL05PAnyDATA100/14.4M1.2〜25M25M9時間10台×
イーモバイルLTE GL06PHuawei150/14.4M1.2〜25M25M12時間10台××
★イーモバイルLTE GL09PZTE150/14.4M1.2〜25M25M13時間14台×
イーモバイル GP02Huawei 42/14.4M1.2〜7M5.8M4.5時間5台××
イーモバイル GP03バッファロー42/14.4M1.2〜7M5.8M4時間12台×
ソフトバンク4G
ULTRA WiFi 101SI
セイコー・I76/42M0.6〜18M10M3.5時間10台××
ソフトバンク4G
ULTRA WiFi 102Z
ZTE76/42M0.6〜18M10M不明10台×××
ソフトバンク4G
ULTRA WiFi 102HW
Huawei110/42M0.6〜18M10M9時間10台×
ソフトバンク4G
★ULTRA WiFi 203Z
ZTE110/42M0.6〜18M10M13時間14台×
ソフトバンク 101SB
ULTRA WiFi BB
FOXCONN42M0.6〜18M10M1.3時間
(2.6時間)
20台×
NTT東西 光ポータブル
PWR-Q200
クウァンタ
マイクロシステムズ
7.2M0.6〜6M2M6時間6台×
ドコモXi BF-01Dバッファロー75/14.4M1〜16M25M4/5.5時間12台×
ドコモXi L-04DLG75/14.4M1〜16M25M4/5時間10台×××
ドコモXi L-03ELG100/14.4M1〜16M37.5M12/13時間10台××
NEC MR01LNNEC AT75/14.4M1〜16M25M6/8時間10台
・ベストバランスは、WiMAX Wi-Fi WALKER HWD13。月額料金が下がり使いやすくなった。
  WiMAXハイパワーは非対応だが、auの携帯エリアが使える。
 ・実測値は、速度比較サイトの平均値を流用
 ・USBモデム(USBテザリング)機能は、USB接続でUSBカードのようにデータ通信できる機能
 ・★の機種は、2.5GHz帯AXGP(SoftBank 4G)、1.5GHz帯W-CDMA(ULTRA SPEED)、
  1.7GHz帯のFDD-LTE(EMOBILE LTE)、1.7GHz帯のW-CDMA(EMOBILE G4)の4サービスが利用できる
 ・イーモバイルとソフトバンクは42M=14M×3ch、実質理論値は最高14M
 ・WM3800Rは、クレードル使用で有線LAN、ホテルなどでも逆流的なAP機能が可 WiMAXハイパワー対応
  高速6秒機能、他のスマホや携帯を充電できる給電機能搭載(電源OFF時)
 ・WM3600Rは、クレードル使用で有線LAN、ホテルなどでも逆流的なAP機能が可 WiMAXハイパワー対応
 ・URoad-Aeroは、クレードル使用で有線LAN、WiMAXハイパワー対応
  高速6秒機能、専用のアプリ(iOS&Android)を使って自動で休止や起動ができるタイマー機能 
 ・バッテリは、LTE/3G接続時


次に、各プロバイダーのキャンペーン価格を比較

◆イーモバイル LTE&4Gの料金比較
月額値引き額初期費2年間総費用中途解約金SIMロック
イー・モバイルLTE 2年3,880円5000円QUOカード無し75,920円38,400円無し
3,672円/月〜0円
楽天スーパーWiFi 2年3,880円5000楽天ポイント
+最大7200楽天ポイント
3,150円83,870円38,400円無し
3,495円/月〜0円
@nifty EMOBILE LTE3,878円無し1円92,325円38,400円有り
3,847円/月〜0円
VOYAGE LTE3,880円無し無し89,240円38,400円有り
3,718円/月〜0円
GMOとくとくBB
イー・モバイルLTE 2年
3,760円270円3,150円89,360円38,400円/24,000円
2年以降無料
無し
3,723円/月
Hi-ho モバイルコース 3,880円9,000円無し80,240円33,600円有り
12ヶ月3,343円/月〜0円

 ・イーモバイル以外は、初月無料
・G4専用サービスは、GMOとくとくBB (GP03)、Hi-ho (ほとんどスマホ「GS03」)のみ
 ・イーモバイルLTEの「にねん+アシスト1600」は、38,400円の割賦金があるので
  電波状態が悪い場合の解約や端末機器の紛失は高額に。
 ・イー・モバイルLTE は、
  既存のG4ユーザーからの機種変更も受付
 ・楽天スーパーWiFi ポイント5000円+最大7200ポイントを計算
  ※楽天市場での2%ポイントアップは毎月3万円まで、最大600円×24ヶ月で試算。
 ・GMOとくとくBB イー・モバイルLTEだけは、1年、2年契約終了後はいつでも解約無料。
  他社は、2年契約自動更新(要解約金)
 --2年プランは、買取39,800円が無料!1年プランは端末レンタル扱いで無料。
 --支払いに充当できる毎月100ポイントを総額に反映
  裏技で、最大月額1,166円引きで利用可能
  過去記事 【お得♪】GP02/007Zのまとめ




WiMAXのキャンペーン価格 2年
月額値引き額端末代初期費1ヶ月目2年間
総費用
中途解約ROM



支払
<公式>UQフラット3,880円無し800円3,150円3,880円97,070円9,975円2,000円×クレ
4,044円/月/5,250円銀行
BIGLOBE WiMAX3,801円20,000円0円3,150円無料70,573円9,975円1,995円クレ
3&20ヶ月2,941円/月/5,250円銀行
So-net3,800円20,000円0円無し無料67,400円15,000円込みクレ
12ヶ月2,808円/月銀行
@nifty3,853円11,900円1円無し無料80,573円9,975円1,979円クレ
9ヶ月3,357円/月/5,250円銀行
TikiTiki3,880円0円無料3,880円91,320円16,500円不明×クレ
-3,805円/月
GMOとくとくBB3,770円20,000円0円無し無料66,710円16,380円2,780円クレ
6&23ヶ月2,571円/月銀行/振
VOYAGE WiMAX3,880円0円3,150円無料97,120円9,600円不明×クレ
-4,046円/月
BroadWiMAX2,999円無し0円3,150円
19,800円
2,999円94,926円9,600円不明クレ
- 3,955円/月銀行
 ・最新型WM3800Rのキャンペーンを比較(取扱い不明はWM3600R)
 ・専用台(クレードル)込の場合は総支払額に考慮せず。
 ・ROMは、黒が各プロバイダー専用機、白は解約後に機器の他社利用、2回線契約や転売可能モデル
 ・中途解約金は、上段1年未満、下段1年以上
 ・So-netがお勧めできない理由は、10000ポイントは割引計算に算入せず。
  (ポイントは、光とADSLのインターネット接続料金に充当可能だが、WiMAXは不可
   auユーザは1ポイント→au1ポイント交換後、au 1.2ポイント=1円で、楽天 、Yahooショッピングで利用可)
  契約から二年間以内にSo-net自体を退会した場合、さらに違約金追加15,000円が発生す。
  ※現時点でWiMAXのオプション解約のみであれば、追加での解約金は発生しないが
    裏技的な運用のため、制度改悪の可能性あり。
 ・総合的にオススメ、BIGLOBE WiMAX。プロバイダーロックのない端末は、
  利用後に、UQの1日プランや2台セット契約用、不要なら中古で転売可能相場は 旧機種のWM3600Rで8,000円前後
 ・GMOとくとくBB WiMAXは安いが、中途解約金が高く、転売できない黒ロム。
  支払いに充当できる毎月100ポイントを総額に反映

 実は、2013年に150MのWiMAX2が控えているので短期契約がべスト
wimax2_img_03


◆そこで、WiMAXの主流の1年契約で比較
月額値引き額初期費用年間総費用途中解約金SIMロック
<<公式>>UQフラット3,880円無し3,150円50,510円9,975円無し
/800円※4,209円/月/5,250円
BIGLOBE WiMAX3,801円10,000円3,150円34,961円9,975円無し
3ヶ月2,913円/月/5,250円
@nifty3,853円11,900円無し34,336円9,975円有り
9ヶ月2,861円/月/5,250円
GMOとくとくBB3,670円10,000円無し30,370円16,380円有り
12ヶ月3,364円/月
So-netなど
他のプロバイダー
3,800円-無し42,010円15,000円有り
3,501円/月〜9,600円

 ・高額キャッシュバックのプロバイダーは、
  支払いが12ヶ月目以降で、解約金も高めの会社がほとんどのため
  1年以内でメリットがありそうなプロバイダーの1年契約フラットで比較
  ・Boglobeは、20ヶ月目に2回目の10,000円キャッシュバックがあり、長く使っても安
  ・GMOとくとくBB WiMAXは安いが、中途解約金が高く、転売できない黒ロム。
  支払いに充当できる毎月100ポイントを総額に反映



2回線契約
 ◎同時利用 ファミ得パック
 ▲追加(切り替え)オプション 同時利用不可能
WiMAXファミ得パック(2,480円)に対応し、ファミ得パックまで最大1ヶ月無料のキャンペーン実施中
So-net@niftyは非対応。
 ☆カップルや夫婦でも1契約で済むので、2回線セットで、2,690円/1回線になる。
  ※主回線2,901円+ファミ得パック2,480円=2回線で5,381円
  遠距離の実家や、親子、兄弟、友人との利用もオススメ
 ☆WiMAXファミ得パックは、拘束期間もないし、事務手数料無料なので、1ヶ月とかでもOK
  出張、里帰り、子供の旅行など短期間の別行動時もその月だけ加入OK 
 ☆自分や友人がアメリカ旅行へ行く方の無料裏技も使えます。

各WiMAXプロバイダーの追加契約比較
プロバイダー追加1台追加2台ファミ得パック
UQ WiMAX210円210円2,480円
BIGLOBE WiMAX
××2,480円
@nifty 機器切り替えオプション210円210円×
So-net×××
GMOとくとくBB
×××
VOYAGE WiMAX×××
TikiTiki WiMAX機器追加登録210円210円×

  ※ 機器切り替えオプションは同時使用不可
  @niftyは、月末リセット(主回線+副回線が、強制主回線になる)


◆結論
  ★注意点
    ほとんどのプロバイダーは、「同じ名義人が同じプロバイダーのキャンペーンは受けられない。」    例> NTTのフレッツ光も10年以上前に加入後解約していても、2度と工事費無料等は受けられない
    つまり、各プロバイダーの本当に安値の時に加入しましょう!
    例外は、BIGLOBEのみ、ID(メルアド)を変えれば何度も適用可能
    
☆☆速度が一番速く、ダウンロード規制やプロトコル規制がないWIMAXが有利
    ・2012/04/06現在の各社の速度や規制比較
    ・「モバイルアワード2011」(2011年11月) モバイル通信部門 WiMAX、WiFiルーター NEC Aterm3500R
  年内に、イーモバイル、ドコモ、ソフトバンクのLTEが100M化。auは12月にLTEを開始。
  当然、新機種も必須となります。
  さらに、2013年秋に「WiMAX 2+」規格を採用し、最大165MbpsのWiMAX2.1を予定
  LTEと2年契約より、WiMAXの1年契約がオススメ
 ☆☆1年以下の利用の場合は、BIGLOBE WiMAXが一番良い。

☆WiMAX
 ・性能の差は、USBモデム、有線LAN接続、公衆無線LAN自動切り替え、有線LANをAP化など
  感度は、Uroad-Home>URoad-Aero=WM3800R?>Mobile Slim
 ・URoad-Aero/Uroad-SS10はWiFi出力が弱いので、家庭内だと厳しいかも。
  Uroad-Homeはバッテリーがなく大型な家庭用。2回線契約の組み合わせ向き。
 ・初月を有効活用したい場合、BIGLOBE WiMAXだけは、到着日が契約日。
  ヤマト運輸で2週間以内の取置をしてもらえれば、翌月からの利用が可能。
 ・タブレット付きなら、BIGLOBE WiMAXの転売可能な端末とデュアルコアのこちらのブツをゲットした方が良いかも。
 ・会社が初期費用を負担してくれるなら、BroadWiMAXが、月額2,999円と最安値だが.。。
 ・auエリアが使える<<公式UQ WiMAX>>Wi-Fi WALKER DATA08W大幅値下げ、
  3,880円+525円で使えるように。(但し、2年契約)
  弱点は、他機種の2倍以上大きく、WiMAXハイパワー非対応のため、WiMAXの感度は弱い

☆イーモバイルLTE
  ■今後は、ソフトバンクとの相互利用やLTE150M対応の新製品が出るため、短期か様子見が吉
  9割以上のLTEのエリアは37.5Mbpsしか出ず、既存のG4エリアの方が速いことも。
  グローバルIPアドレスが使えないため、アプリが動かなくなる可能性有り。
  ソフトバンクのiPhone5に対応し、激重のエリアが増える傾向。
  また、料金プランに機器代のローンが組み込まれており
  「にねん+アシスト1600」、で、38,400円の割賦金(中途解約違約金)
  電波状態が悪い場合の解約や端末機器の紛失は高額に。
  提携プロバイダーGMOとくとくBB イー・モバイルLTE1年プランがオススメ
  1年以降の解約金が無い。

  ・4Gは、GMOとくとくBBの動画などのプロトコル規制のある割安プランのみ 。
  LTE機は、4Gも使えるのでこの価格差ならあまりオススメしません。

★★イーモバイルの裏技
 互換機のドコモ F-12CをドコモショップでSIMロック解除すれば
  イーモバイル提携プロバイダーのSIMやLTEのSIMが使える。
  この機種は、防水&テザリング標準対応なのでモバイルルーターとしても利用可能。
  (Yahooオークションの相場は1万円前後
  因みに、、Sony Ericsson mini (S51SE)をYahooオークショの相場は、2万円。 
★ソフトバンク4G
  LTEのエリアが狭く、屋内は全く継がならないことも多い。
  ULTRA SPEEDは狭いし、BS障害のため大部分で通信障害発生中なので、あてにならない。
  携帯の3Gエリアと007Zのサブエリア(イーモバ)も使えないので、酷い目にあいそう。
  LTEの機器は大きく分厚い。WiMAXの Mobile Cube比最大5倍位大きいので、
  とてもポケットWifiとはいえない。

★★イーモバイルの注意点、ソフトバンクとの経営統合の影響
  2013年4月頃より、iPhone5へ、イーモバイルLTEを提供開始だが、
  イーモバイルLTEエリアの99%は37.5Mbpsしか出ず、現在都心部では不安定になっている。
  ここにイーモバイルLTEユーザーの数十倍のiPhone5ユーザーが利用することになる。
  グローバルIPアドレスが使えないため、アプリが動かなくなる可能性有り。
  イーモバイルもソフトバンクも、見せかけのエリア拡大をするために
  ドコモの価格の9割引きの中国製基地局を使用、収容力が少ない。 


※更新日時の情報です。
 細心の注意を払って更新していますが、各社の突然の変更もあります。
 各プロバイダーの注意事項をよくお読みください。

その他、詳細は過去記事
  2月発売の WM3600Rが一括0円
  ドコモ提携プロバイダー(MVNO)比較一覧
  音声通話が必要な場合
  世界一安く IP電話アプリ
をご覧下さい