Sponsored Links
銀行や金融機関の危険性


本日、下記の事件の報道がありました。
<千葉銀行>CD―ROMで勝手に数百万円が送金される

 千葉銀行は1日、同行の名を偽って取引先の法人に送られた
CD―ROMを顧客がパソコンにインストールしたところ、
勝手に数百万円が送金される不正振り込みが発生した、と発表した。
インターネット・バンキングの盲点を突いた
新手の「振り込め詐欺」とみられ、
千葉県警で詐欺容疑などで捜査している。
11月1日(火)22時31分

記事の詳細




これは一見、
インターネットの取引や銀行のATMが危険だと
思う方が多いかと思います。

しかし、旧来の金融機関のシステムが、安全だったのでしょうか?


印鑑の偽造やコピー(転写)は簡単にできます。
昔から、転写シートを使ってコピーをしたり、
今ならスキャナーで読み込んで印鑑を複製する。

身分証明書も、
健康保健証、免許証、簡単に偽造可能ですし
住民票は、なりすまし入手可能です。


------------------------------------------------------------------

私の親族で、
 7年前に郵便局の外交員と契約した簡易保険を
 契約翌日に解約され、現金を取られた事件がありました。
 他の契約も調べてみると、
 保険金額は1000万円だが、特約や内容が説明資料と異なっていた。
 これを組織ぐるみで隠蔽工作


 大和証券には
 購入した株を取られました。
 しかし、証拠書類は揃っており
 本社のコンプライアンス部は、犯罪を認めたにも関わらず、
 弁償はせず、裁判を要求。
 (末尾参照)
------------------------------------------------------------------


このような、内部社員の犯罪もあります。
これは、氷山の一角です。

長年に渡り、公務員の犯罪の7割は郵便局員でした。

参考記事
 郵政公社公式発表資料
 2004年 6月28日(月) 平成15年の懲戒処分の状況について
 横領等関係・収賄関係(郵便料金、貯金預入金、保険料等 横領、窃取、詐取)
 平成15年 130名  


余談ですが、
特に、老人や長期間取引がない場合は
狙われやすいようです。

銀行口座は10年間取引がなかった場合は、
法的に無効になるのですが
転居で、住所や行方が分からない幽霊口座。
こういうのを横取りしたり着服するケースも多いようです。

保険の場合は、一時払いや、60才払いの終身死亡保険もあり、
終身保険は解約すれば、保険金額の数十パーセントもの解約金になりますから、
5年行方不明になると、悪いことを考える人も。。。




では、どう対応したら良いのでしょうか?
私個人の考えとしては
・インターネットで、自宅から頻繁に確認する
・ネット経由の振込や引き出しはメールで携帯やPCへ通知する設定にする。
 (すぐ対応できれば、対策可能)
・銀行の預金保険(限度額100万円までが多い)に入る。
・1回の引き出し限度額を設定
・複数の口座に分散
・インターネット取引は、第2暗証番号のある銀行を使う。
・暗証番号/ログオン/確認パスワードは定期的に変える。
 特にインターネット上
・コンビニATMは、セキュリティの甘そうなコンビニでは利用しない。
 (ビルの構造、店舗構成、人通りなど)
・コンビニのe-netは、8月以降導入の新型を使う。


銀行選びですが、
・郵便局のキャッシュカードやクレジットカードには
 暗証番号が磁気データで入っており、
 郵便局のATMは数が多すぎてセキュリティは甘めです。

・ICカード化、静脈認証、指紋認証は、コンビニなど他行が対応していないので
 効果はありません。
 指紋認証は偽造可能です。 

・新生銀行はインターネット取引で
 ソフトキーボードで第2暗証番号など、セキュリティを確保


つまり、インターネットを駆使して
自分の口座を監視する事が必要だと思います。

もちろん、アクセスするPCの管理は上記のような事を防ぐ為に
ウィルス、スパイウェア対策も必要です。
自宅のPCをメインで行い、
携帯で行う場合は、遠隔ロック対応機種を使いましょう!
(お財布携帯、フェリカ対応機種なら可能)


保険契約は、親族にわかるよう
契約内容のコピーや、一覧表にまとめて
保管しておいた方が良いかもしれません。
それを、信頼のおける親族と交換しておく方がいいですね。

理由は、入院、事故、死亡などの事故が起きて
保険金をもらえる請求期限(2-5年間)があるからです。
生命保険、損害保険、自動車保険のそれぞれの会社や契約により
変動します。

ただし、遺産相続や解約金などの騒動のリスクも伴いますので
充分気をつけてください。




 横領、隠蔽工作の実録

私の親族は、お人好しのせいか、
 郵便局の外務員へ退職金の一部の200万円を
 契約後、翌日解約されだまし取られる。
 この他、不正な保険契約は6件も見つかりました。
 広島の監査や郵政公社本社へ3度抗議に行くが
 「調査する」といい黙殺


  

 広島そごうでは、外商のセールで毛皮のコートを購入し
 数ヶ月後、補正する名目で営業が取りに来てに預けたところ
 すり替えられた。
 十合本社へ訪問し、手紙も送るが
 そごう社長より、拒絶の手紙



 広島高等裁判所内での不正行為
 着物屋でパート時に、店長が勝手に親族のローンを契約し
 その後解約し、解約金を着服。
 他の購入品も不良品が判明し、ローンの支払いを中断した所
 オリコ、ジャックスに訴えられ、高等裁判所で
 証拠品のすり替えや、裁判官は被告に不利なように誘導されました。
 その内容を、最高裁判所裁判官など12名の自宅へ送付したのですが
 担当を転勤させ上告は棄却でした。
 裁判の公判も一般人の傍聴を遮断し、入場拒否していました。



大和証券の件は
 私も大和証券本社へ説明を求めたところ、不正を認めました。
 しかし、返還請求は「裁判をしろ」との事でした。。

 コンプライアンス部副参事2名 真仁田氏、佐々木氏
 コンプライアンス部付次長
 本店エリアコンプライアンス・オフィサー 松田氏

 広島では、同様の事件は非常に多いと、
 野村證券、中央三井信託銀行の広島支店からも聞いています。。。


 2004年10月広島中央署へ告訴 担当刑事2課 中島氏
 しかし、捜査拒絶姿勢です。
 理由は「あんなデパートがそんな事をするはずがない」



私の指示で、電話や抗議内容の録音テープ、写真も有り、
いずれも、警察へ告訴や被害届を出したのですが
警察は被害については認知するのですが、被害届の受理を拒否したり
不起訴扱いにします。



警察と同じ準公務員の郵便局員、警察職員御用達、天下り先のそごう
証拠をすり替えを認めたり、裁判の録音記録を録音し直すなど
広島県警、郵政公社、大和証券、裁判所
上記の不正を行った担当は全員、解雇になっていませんので
全てが組織ぐるみで、不正を行い隠蔽工作を行っています。

この数十倍の内容、顛末もあるのですが
また、後日・・・




 公務員の不祥事発生率対決
 警察のように懲戒処分にすらしないような組織は、不祥事発生率が低く計算されます。


 郵便局員の犯罪

【一部抜粋】

郵便物の遅配、誤配、紛失といった比較的「軽微」なトラブルだけでなく、
「特定郵便局長7900万円着服」「郵便局員300万円詐取で指名手配」など
郵便料金や貯金預入金、簡易保険料の横領や詐取など犯罪も含む
不祥事報道が目立って増えた。
「郵政省、事業庁時代の01年度までの4年間に、
日本郵政公社東京、関東両支社が旅行会社に支払った代金の一部、
約2500万円(公社発表)をバックさせ“裏金”利用した事実が発覚、
百数十人が処分」「03年度で30億円の過剰金(計算ミスや料金取り過ぎなど)」
といった驚くべきニュースも新聞の一面を飾った。


 公社広報部報道担当グループリーダーの佐藤恭市氏は、うなだれる。
公社によると、03年度に横領などの罪(刑法、郵便法)を犯した郵便局職員数は
133人(常勤99人、非常勤34人)。
また、03年1―12月の懲戒処分人数は2272人。郵便物や郵便料金、郵便貯金払戻金・預入金、
簡易保険料の「横領、窃取」などの犯罪関係が130人のほか、
「架空名義や無同意での簡易保険契約を締結」「郵便物の隠匿、不配達、紛失」
「郵便料金の不適正割引」「経費の不正受給」「セクハラ」「酒気帯び出勤」まで、
ずらっと“罪状”が並ぶ。



Sponsored Links